2級FP技能士に独学で合格できるのか!

私は29歳の会社員で、2年前キャリアアップや将来の転職、資産運用の知識を学びたかったので、2級FP技能士の資格を取得しました。合格する為の秘訣やFPの魅力を多くの人に知って頂き、少しでも皆様のお役に立てればと思いこのサイトを立ち上げました。 是非参考にしてFPの試験にチャレンジしてみてください。

まず受験するに当たって独学でチャレンジする人も多いのではないかと思います。そこで はじめに独学で合格できるかお話していきたいと思います。2級FP技能士の試験は以前とは違い問題の難易度が高くなり試験科目も広く間単に合格できる試験ではなくなりました。確かに 独学でもじっくりと勉強すれば合格することは可能でしょう!但し、時間はかかることを覚悟してください。独学だと市販されている教材を使用して勉強することになりますが、参考書をはじめから終わりまで、広い範囲に渡って勉強することになります。そのような勉強だと試験に ほとんど出そうにもないところも勉強してしまい、効率が悪くなり、モチベーションを下げる原因にもなります。普段勉強時間をあまり取れない社会人が多く受験するこの資格では、あまりにも非効率です。また、合格までに何年もかかってしまうと法律が変わり新しく勉強しなければいけなくなる可能性もあります。おまけに試験内容もライフプランニング、 タックスプランニング、 事業承継など普段聞きなれない科目ですので、覚えるのも一苦労です。

2級FP技能士の合格基準は学科・実技とも6割を超えれば合格することが出来ます。つまり満点を取る必要はありません。満点で合格しても、6割で合格しても何も差はないので合格には 変わりありません。ですので、2級FP技能士に合格するポイントとして、短期間で満点を目指さない勉強法を学ばなければいけません。試験に出そうなところにポイントを絞り勉強していくのです。どのような箇所が試験でそうなのか、試験のレベルはどのくらいか、どこを重点的に 勉強しなければいけないのか、そのようなノウハウを提供してくれるのが、通信であり通学に なります。

もちろんはお金がかかりますが、長い間勉強に拘束されることを考えれば決して 高くありません。通信なら数万円でよい教材やノウハウを提供してくれるところもありますで、比較的安い価格で、確実に合格へ近づくことができます。さらに言えば2級FP技能士を受験するためには、日本FP協会指定のAFP認定講座を修了することが一つの条件になります。認定されている通信や通学を利用すれば受験資格も獲得できることにもなります。もし時間にゆとりがあり、合格に何年もかかって良いと言う人は独学で良いと思います。私の経験上、受験勉強で長い時間を浪費するのであれば短期間で合格し、その分少しでも仕事や自分の為に時間を活かしたほうが将来のプラスになると考えています。

まずは、独学で学ぶにせよ通信・通学を使うにせよ今の自分の現状をしっかりと把握して、 資格を取得して何をしたいのか、どう使っていきたいのかしっかりと考えてください。 そうすればどのように勉強するか、おのずと見えてくると思います。

ちなみに、私は通信教育を使いました。各社の資料をとりよせて、比較したのですが、最終的に選んだのは、この通信教育です。