2級FP技能士に短期合格する為の勉強法!

短期間で合格する為に通信を使ってよい教材をみつけ、正し方法で勉強していかなくてはいけません。どんな良い教材を持っていても勉強時間が足りなかったり、勉強方法が悪ければ合格することは出来ません。今からご説明する勉強方法は、私が受講していた通信から学んだことです。 この方法を実践したことにより大幅に学力が伸びました。それではどのように勉強していけば効率よく覚えられ理解していけるのか、具体的に説明していきます。

1、優しい科目の基礎知識から勉強

どの試験でも当たり前ですが、基礎知識を徹底的に叩き込む必要があります。特に2級FP技能士の学科試験は基礎を問う問題が多いのでしっかりと勉強してください。はじめは出来るだけ優しい科目からはじめて自身を付けていき徐々にレベルアップさせていきます。私は、基礎知識を勉強する際に通信講座から提供されたDVDを見て内容を理解しました。はじめはあまり理解できませんでした、何度か見る内に何となくイメージできるようになり細かい所はテキストで確認しながら覚えていきました。ある程度理解したら、基礎問題集を解きながら実際に理解できているか確認していきます。わからない箇所は解説やテキスト、DVDで確認しながら進めていきます。基本的にこの繰り返しです。これで完全にマスターしていきます。

2、過去問は確実にマスターする

過去問は、勉強していく上で一番重要です。学科も実技にもいえることですが、過去問を解くことにより、出題範囲、問題のレベル、出題傾向を分析でき本試験で通用する実力を身に付ける事が出来ます。又類似問題が出ることも多いので、確実に点数を取っていける勉強になります。 ですので、過去問には一番時間を費やして下さい。一問一答式に確実に解いていき、正解か不正解か、その理由も説明できるようになって下さい。よく間違える問題はノートにまとめ、何度も何度も過去問の演習を行い確実にマスターしてください。

3、復習は怠らない

基礎知識にせよ過去問にせよ、復習をしっかりやっていかないとまず合格しません。不合格になる人はここが足りないと感じております。テキストやDVD・CDで覚えた事は問題集を使って何度も復習する。人間の脳は基本的に忘れやすく出来ているので、復習をしないと短期記憶から長期記憶に変わっていきません。 特に2級FP技能士の学科は範囲が広いので、一度覚えたことは他の知識を勉強していく内に 忘れていくと思います。復習が足りないとせっかく覚えたことも無駄になるので、これでもかと言うくらい復習をして下さい。又、復習の基本は問題集を使います。テキストを読むだけだと忘れやすいので、問題集を使い考えながら解いていくことでより一層記憶できるようになります。 復習するにも効果的なタイミングがあり例えば勉強したその日の夜に1回目、勉強した翌日に2回目、その1週間後に3回目など方法があります。詳しくは受講する講座に聞いて見てください。

これらの事は当たり前の事ですが、不合格になる人はこの当たり前のことが出来てきません。 教材選びと上記のような勉強法がしっかり出来ていればほぼ合格いたします。是非頑張ってください。次に2級FP技能士の難易度を説明いたします。