FP技能士とは!

FPとはファイナンシャルプランナーの略で、日本FP協会が主催をした試験に合格すれば 2級FP技能士の資格を獲得することができます。それと同時にAFPの称号も与えられ仕事での活躍の場を広げることが出来ます。又AFPとは2級FPとほぼ同等な資格で、2級FP技能士が国家資格であるのに対して、AFPは日本FP協会が認定する民間資格ではありますが、一般的に2級FP技能士より格上とされています。
試験を受ける為には受験資格があり、3級FP技能士検定の合格者、2年以上のFP業務の実務経験がある者、日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者の3つの条件があります。
多くの方はAFPの資格が欲しいので認定研修を受け受験資格を得る方が多いようです。
認定研修は日本FP協会が認定する通信・通学を利用すれば受けることが出来ますので、勉強 ノウハウだけではなく、受験資格とAFPの研修も同時に受けられるのでより一層有利になります。ではFPとはどのような仕事をしていて、どのようなメリットがあるかご説明いたします。

FPの仕事内容は家計、資産、負債、保険など顧客のデーターを分析し貯蓄計画や投資、保障、税金などの資産設計を専門的な知識からアドバイスしていくお仕事です。具体的には、顧客がマンションを購入しようとした場合、何歳になったら購入して、頭金や月々のお支払い、その為にはどれだけ貯金しなければいけないのか、多角的に検討して、そのプランニングを行う専門家がFPの仕事になります。

保険会社では必須の資格になり、その他にも銀行・証券会社などの金融機関や住宅メーカー、 不動産会社、建設会社、一般企業の財務部門などで求められている資格になります。
これらの業界に転職・就職も断然有利になり、キャリアアップを目的として取得する人が多い資格になります。もちろん仕事以外にも税金に対してやローンの返済についてなど将来の家計設計の為に資格を取得する方もいます。

年収やお金に関して言うと直接的に影響してきませんが、独立開業して年収1000万円以上も夢じゃありませんし、他の資格と併用することで仕事の幅も広がって行きます。
例えば宅建と組み合わせれば不動産に関する資産管理のプロとして活躍できますし、社会保険労務士との組み合わせでは年金や労務関係のスペシャリストになれます。又行政書士では相続問題などの複雑な法律面からもサポートできます。このように多くの資格と相性がよく、あなたの将来に十分活用できる資格になります。現在経済不況で資産や現金に対する管理を徹底していかなければいけない時代になりました。今後どのように人生プランを立てていくかお金の面で専門的な知識が必要となってきます。知っていると知っていないとでは将来大きな差になっていくので、 こんな時代だからこそ、資格取得を目指すチャンスでもあると思います。
私も2級FPの勉強をしてお金に関する考えや運用の仕方を考え直され、とてもためになり本当に良かったと思いました。是非資格取得を検討して見てください。